Page: 1/1   
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
大相撲本場所中に週間現代、八百長報道再び
週刊現代が大相撲本場所真っ最中に、再び八百長報道をしました。

掲載内容は、『開催中の大相撲夏場所、最大の話題は大関・白鵬が横綱昇進を決められるか否かだ。だが本誌は、昨年の名古屋場所で“綱獲り”に失敗した白鵬が、朝青龍らから「勝ち星を買っていた」という、驚くべき証言テープを入手した! 』というもの。

白鵬の「300万円八百長」を宮城野親方が愛人女性に告白した「証拠テープ」を公開するというもので、『力士の数を頼みに高額訴訟を乱発する日本相撲協会よ、これが本誌の答えだ!』とあいかわらず挑発的。

テープは9時間におよび、その主な内容は次の通りです。
■「白鵬を横綱にするため八百長の仲介」
■「投げられて背中に砂がつくのはイヤ」
■「大関3人と朝青龍に計900万円を」
■「魁皇との2勝2敗は全部イカサマ」
■すでに横綱昇進は決まっている!?

ライターの武田政氏も愛人もすべて実名で登場し、週間現代の意気込みが感じられます。

この報道に対して、日本相撲協会の北の湖理事長が21日、両国国技館内で記者会見が行われました。約100人の報道陣が集まりましたが、理事長はノーコメントを通しました。「現段階では専門家の先生(弁護士)に相談しておらず、コメントは差し控えたい。(記事の)内容も含めていろんな角度から見ないといけない」と述べただけです。

一方、同協会の顧問弁護士は、近く宮城野親方から事情聴取する意向です。協会と同誌が一連の八百長報道をめぐり、名誉棄損で民事係争中ということも踏まえて「記事内容は今後の裁判にも影響してくるものなので話を聞きたい。裁判を切り離しても聞くことになるでしょう」と話しました。渦中の宮城野親方はこの日も終始、無言でした。
| shawn5049 | 23:36 | - | - |
スポーツ特待生問題での『高野連』と『朝日新聞』の奇妙な癒着
先週、日本高校野球連盟(以下、『高野連』)はスポーツ特待制度の問題で、特待生の救済策を打ち出しました。違反校の野球部長の処分も1カ月の自主謹慎と大幅に緩和されました。

いかにも高野連の大岡裁き、粋なはからいと見えます。本当にそうなのでしょうか? そもそも今回の騒動、高野連は特待制度を知らないわけがなく、こんなに多かったのか、と驚いて見せましたが、自らはなんら罰していません。

なぜ? そもそも学業の優秀な生徒にもサッカーやバスケットなど他のスポーツにも特待生はいっぱいいるのに、なぜ野球はダメなのか?朝日を除く各紙が高野連を非難する記事を一斉に掲げました。

そんな批判がくすぶる中、5月3日の朝日新聞は、「透明性、高める努力必要」と題した速水徹・大阪本社スポーツエディターの記事を掲載しました。それはおおよそ次のようなものです。

「憲章がなければ、今以上に混沌とした状態を招いていたと思う」
「憲章制定から半世紀以上の時が流れたが、その精神まで古びたとは思わない。ルール破りが横行する今の球界にあって、スポーツの原点である、フェアプレー精神をうたう憲章の気高さは、色あせていない。もちろん、通達を2度出しながら、これまで実態を把握してこなかった日本高野連の責任も重い。ただ、問題解決へ迅速に動いた姿勢は前向きに受け止めたい」

野球憲章を遵守する高野連の措置を精一杯もちあげ、擁護しています。ところが、『速水徹 朝日新聞』でググっても数件しかヒットしないのです。ナゾの人物、『速水徹』。

この『速水徹』なる人物が高野連の理事を兼ねていたのです。この話題は関西ローカルの「たかじんのここまで言って委員会」で、勝谷誠彦氏が明らかにしました。放映ではさすがに勝谷氏が氏名を叫んでいる場面で音声を消しましたが、消された音声が『速水徹』だったのです。

関東ではこのやしきたかじんの過激な番組は、放送されていません。放送できないのでしょう、おそらく。

で、その後、朝日新聞は『速水徹』が朝日新聞大阪本社スポーツエディターであり、日本高野連の理事を兼ねていることを認めました。あまりにアンフェアではありませんか?

高野連には多額の朝日新聞(夏の大会)や毎日新聞(春の大会)から協賛金が入っていると思われます。また、甲子園球場への入場収入やテレビの放映権などはどうなっているのでしょうか?

彼らは一銭たりとも高校球児の育成に使ってはいないのです。この問題、あまりにひどい! 朝日新聞はこの事実にほっかむりして世論操作するような記事は許せないと思います。
| shawn5049 | 21:30 | - | - |
浅尾美和を守れ!一般撮影禁止、でもセクシーグラビアには挑戦!



プロビーチバレーボール選手、浅尾美和(あさお みわ)を撮影しては
なりません! ビーチバレー日本連盟が今季の国内大会での客席からの
カメラ撮影を禁止します。

浅尾といえば身長171cm、体重:53kg、スリーサイズはB83・
W62・H86というナイスバディ。昨季はグラビアでも大活躍しました。
この浅尾らビーチバレー選手を目当てにカメラ小僧がコートサイドに暗躍
し、ネット上にセクシー写真が流出する騒ぎに。

これでは選手が試合に集中できない、と今回、このような異例の通達騒ぎ
となった次第です。やれやれ・・・

ところが、浅尾は25日に都内で紫と白の新作水着を披露しており、26
日発売の写真集「asao miwa」(発売元:ポニーキャニオン、バ
ンエイト)ではセクシーなグラビアショットに挑戦しています。

この日の会見で1986年2月2日生まれ、21歳の浅尾は「若さあふれ
るプレーをしたい」と、ライバルとなる鈴木洋美(28歳)、浦田聖子
(26歳)ら先輩選手をチクリ。

浅尾は今回の写真集発売を自身のブログで「嬉しいような恥ずかしいよう
な、ワクワクドキドキです」とコメント。写真集には、試合中や練習風景
以外に、これまで見せることがなかったグラビアショットまで収録されて
いるそうです。撮影のメイキングやオフショットを収めたDVDもセット
になっており、定価は1995円(税込)。

なあーんだ、一般の写真撮影を禁止して、写真集、買えってことないな。
ビーチバレー日本連盟さま!

| shawn5049 | 23:29 | - | - |
浅田真央 CMでも自己ベスト更新!
浅田真央(16)がCM出演料でも“自己ベスト”更新です。

フィギュアスケート世界選手権で銀メダルを獲得した浅田真央(中京大中京高)が12日、都内で行われた伊藤ハムの新CM出演会見に出席しました。
昨年から同社のイメージキャラクターとしてCM出演しており、「真央らしいCMで気に入っています」と新バージョンにも満足げ。

伊藤ハムでは10年バンクーバー五輪までの浅田真の起用を希望しているとのことで、実現すればシルベスター・スタローン(11年)、田村正和(6年)に次ぐ長期出演になります。

気になるのはCM出演料。推定でこれまでの4千万円から5千万円に上昇したようです。新しいCMは、20日からテレビで放映が始まります。
20日から伊藤ハム「朝のフレッシュシリーズ」のテレビCMに登場する彼女は、「ちゃんと食べよう!朝ごはん。練習で頑張れるのも、朝しっかり食べるから」とCMのテーマ食育をアピール。

女性アスリートではゴルフの宮里藍がスポンサー料などを含めてピーク時で8000万円だそうです。金額では宮里に届きませんが、昨年から計6社のCMに出演しており、本数と出演料の“総合得点”では、真央が現在のアスリートCM女王です。

彼女は5歳の時、友人に誘われ初めてスケート靴を履き、姉の舞とともに門奈裕子のクラブに入会しました。同クラブではあの安藤美姫も一緒でした。
ジャンプには定評があり、ジャンプの種類の中でも現役女子選手では数少ないトリプルアクセル(3回転半)を跳べる選手です。

浅田真央の快進撃はリンクの上だけでなく、CMの世界でもしばらく続きそうですね。
| shawn5049 | 01:00 | - | - |