スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
KAT−TUNの赤西仁が帰国、復帰会見
KAT−TUNの赤西仁(あかにし じん)が19日、留学先のロサンゼルスから帰国し、20日に都内で会見を開きました。

赤西仁(あかにし じん)といえば、昨年10月12日に芸能活動を休止することが発表され、語学留学のためロサンゼルスへと渡米しました。なんだか、よく理由がわからなかったですよね。

残された亀梨和也(21)、田口淳之介(21)、田中聖(21)、上田竜也(23)、中丸雄一(23)の5人も、ウェブで「今回の出来事は正直僕には理解に苦しむこともあり…」(亀梨)、「何の冗談を言いだすのだろうと正直あきれていました」(田口)、「この時期に留学なんてありえないと思いましたが」(中丸)など複雑な心境を明かしていました。

彼はロスで現地の語学学校に通っていたそうです。VIP扱いもない“普通の留学生”としての日々を送ってきた彼は、渡米前よりも少し伸びた髪、日に焼けた顔と胸元など、大人っぽい雰囲気。留学生活で成長したようです。

ただ、ロスの留学先では、女性週刊誌にマークされ、たびたび転校を余儀なくされるなど、かなりトラブルもあったようです。

20日の都内ホテルでの会見は、メンバー5人も同席。赤西は「ファンにあいさつしたい」と、21日の全国ツアー仙台公演から仕事復帰。最終日の6月17日の東京ドームまで全公演に出演し、離脱の“おわび行脚”を行うそうです。

留学の成果を「人生勉強になった」と語り、「混乱を招いて申し訳ない。帰ってきました。これからもよろしくお願いします」と流暢な英語で語りました。

赤西が休業中、KAT−TUNは、5人で活動を続け、昨年12月にはシングル「僕らの街で」をリリースし、今月からは冠番組「カートゥンKAT−TUN」(日本テレビ)がスタート、個々のメンバーもソロでドラマに出演し、順調に活動を続けてきました。

しかし、赤西は、同グループの亀梨和也(21)とともに人気を二分する存在。さらに、“ポスト・キムタク”と将来を期待され、グループNo.1を誇る歌唱力を持ち合わせていただけに、赤西の復帰はKAT−TUNにとって大きな力になることは間違いなし!

6月6日には新曲「喜びの歌」を発売するKAT-TUN。5人でのレコーディングは済ませてはいますが、6人で歌を入れ直すことも検討されているそうで、6のそろうこの日、再び6人となったKAT-TUNが新たなスタートを切ることになりそうです。

※耳寄り情報です。
『花より男子2』が早くもDVD化、予約受付中
| shawn5049 | 23:31 | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 23:31 | - | - |